読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガンツスピンオフのガンツ:Gみんな死んじゃう第1話

スポンサーリンク

 

 

 

 

f:id:yuirei-1107:20161027225927p:plain

出典:GANTZ:G第1巻

 

このマンガ知ってました!?

 

私はつい先日、このスピンオフの存在に気が付きました(汗)

原作はガンツの奥浩哉さんが描いたもののようですが、絵はイイヅカケイタさんという方が描かれているようです。

完全な、スピンオフ作品で今のところメインストーリーのキャラは出てきていません。

どこかでクロスするところとか今後出てくるんでしょうかね?

ミラクルジャンプで連載中だそうです。

 

 

ガンツファンとしては読まなくてはいけないという使命感に駆られて

 

読んでみましたーーーーー!!!!

 

結果

 

 

 

おもしろーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

っーわけでGANTZ:G第1話ネタバレレビューしちゃいます!!!

 

第1巻の目次はこのようになっています。

f:id:yuirei-1107:20161027230726p:plain

出典:GANTZ:G第1巻

 

今回は目次の001に該当する第1話のネタバレレビューをします。

 

さっくりまとめると

  • 修学旅行中のバスが事故
  • 全員死亡し黒い球体の部屋に転送される
  • 早速ミッションが発令される

 

初期のガンツを見ているかのようなワクワク感がたまりません

 

2005年のお話です。

一台のバスの車内では陽気に人気歌手の歌が歌われている。

どうやら、学生を載せたバスのようです。

主人公である「蛍ちゃん」と友人はマイクが回ってきたらどうする?なんて話しています。

でも蛍ちゃんは歌はマジひどいからパスと謝っている、その時、

 

青春アミーゴ

 

が流れてきます。

どうやらクラスで人気のある男子、桜井君と松本君が歌っているようです。

これにはバスの内部がどよめきたっていました。

 

その後マイクは内木君へ回ってきますが、隣もいないしいいよと断ります。

しかし、どうやらクラス内で底辺カーストなのか強そうな男子から歌えと半ば強制に言われます。

そうこうしているうちに「世界に1つだけの花」が流れてきて強そうな男子が

「内木が歌いますー」

と、内木君に歌うよう仕向けます。

その様子を見ていた蛍ちゃんは

「はい!!はーい!!あたしこの歌好き!!あたしも歌う!!」

と、内木君の横に座り歌い始めます。

 

その瞬間、バスが大きくグラつきます。

 

車外ではバスが走行車にぶつかっていました。

その都度バスは大きく揺れ、皆、悲鳴をあげています。

 

先生は

「誰かッ 運転手のところへ!!!」

と必死に叫びます。

ここで先ほどの桜井君と松本君がなんとか運転手のところまでたどり着き・・・

 

そうな所でバスがちょうど走行車とぶつかり後方にころがってしまいます。

 

その時、蛍ちゃんはスタートダッシュの姿勢をとりグラつくバス内を走り抜け、運転手の元へ到着。

「先生!!息してないです!!」

と、伝えます。先生は

「とにかくアクセルを!!」

この言葉を聞き手でアクセルを押す蛍ちゃん。

 

ガンという音がして前方を向くと・・・

 

 

f:id:yuirei-1107:20161027230701p:plain

出典:GANTZ:G第1巻

 

 

 バス転落

 

ここまではメインストーリーの二人が電車にひかれる瞬間までと似ていますね。

どうやって死んだのかの解説というか・・・

ここまででなんとなくわかった人間模様は、

  • 松本君と桜井君はクラスの人気者
  • 内木君はいじめられキャラ
  • 蛍ちゃんは内木君に好意を寄せているかもしれない
  • 先生役立たず

かなと。

 

目が覚めると

f:id:yuirei-1107:20161030003026p:plain

出典:GANTZ:G第1巻

ガンツ部屋に転送されるクラスメート達。

皆がどこ?なに?とざわつく中、蛍ちゃんは内木君もいることを目視してホッとしていました。

 

「今回多いな・・・」

「ああ」

「まるごと修学旅行ご一行か?」

「ま・・・いっか」

「始めるか」

 

と、謎の会話をする二人組の男性が登場します。

 

二人は

「はいみんな注ーーーー目ーーーーッ!!」

と、呼びかけます。

「これからみなさん違う場所に強制移動させられます。その先であなたたちを待つのは奇妙なハンティングゲームです。

その黒い球からもうすぐ指令が出ます。我々はその球をガンツと呼んでいます。」

と、一通りの説明をざっくりします。

説明が終わった瞬間先生が

「誰だ君たち・・」

と、近寄ってきますが

「いえ・・なんでもありません」

と、男性二人組は引き下がります。

 

ガンツから例の音楽が流れ始めました。指令です。

f:id:yuirei-1107:20161030003953p:plain

出典:GANTZ:G第1巻

クラスメートがどよめいてるうちにも転送は開始され、教室内は悲鳴であふれかえります。

蛍ちゃんは内木君にこれ持って行ってとガンツスーツを手渡します。

そして、全員が転送されたのです。

これから惨劇の会場となる「下野動物園」に。

 

ここまでもメインストーリーと同じような雰囲気で進みました。

ガンツ部屋に転送された者たちが意味不明さにどよめいているうちに転送開始とか。

どう考えてもガンツスーツ持たずに転送が開始してしまった人は死亡フラグ立ちっぱなしです。

 

これからどんな敵が出てきてどんな戦いになるんでしょうね!

楽しみです。

スポンサーリンク

<p