読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海の日に海にいけた

スポンサーリンク



7月18日は海の日でしたね。

ダラダラ過ごすのが基本になっていて、海の日に興味もありません。

午前中もゆっくり起きて、子供とひらがなとさんすうの勉強して、お昼ご飯たべて、、、

ホントにフツーに休日を過ごしていました。


やることやってしまうと、午後はかなり暇で、、、、。


結局、自宅から海まで車で5分!

ってことで貝殻拾いに出発です!

近所の海はサーファーに人気で、真冬でもチラホラいるくらいの海です。
当然海の日ですもの、沢山車が停まっていて、海はなんとなく賑わっています。

ただこの海、浅瀬から急に深くなる所謂危険な海で子供の頃から海水浴は禁止されていました。

事前に子供たちに「海には入らない事」を約束しますが、海を目の前にして入らずにはいられないのが子供!!!

妥協して「ママと手をつないで、膝より深いところには入らない」に変更。

もうキャーキャーすごいテンション!!!
バシャバシャ海水の掛け合いっこ開始、直後ずぶ濡れの次女・・・長女にやられました・・・
壮大な海水かけ合戦のゴングが鳴り、もはやかわいく貝殻ひろいなんてやっている場合ではありません。

それこそ「ママと手をつないで・・・」という約束なんてすっぽり忘れさられております。

ただ子供たちは午前中見せたことのないような万弁の笑み・・・
注意できるはずがありません。

全身がずぶ濡れになったころ、次女が「ママ、貝殻ひろいいつやるの?」
「いまでしょーーーー!!!!!」

さあさここで第二ラウンド開始だよ、可愛い貝を拾えた人が優勝ゲーム!
若干長女はめんどくさっー雰囲気を醸し出してはいたが、次女が勢いよく貝殻に走って行ったのをみて
「うぉおおおおおーーーー」とやる気をだしてくれました。

されど小学生軍団

可愛い貝を拾えた人が優勝ゲームは

大きい貝がらをいっぱい拾えた人がすごいゲームに切り替わり

帰りの車内は生乾きのガキ二人と、砂だらけの大量の貝殻と、車が汚れないか心配する大人という

カオスな空間が出来上がっていました。

そこは小学生、空気をさらに乱してくれます。
「ママーーーのどかわいたーーー」

「5分で家につくから、家に着いたら水のめ!!!つうか、動くなーーーー!!!」
無理です。

大人、汚されないように、必死です。

海の日皆さんはどのように過ごしましたか?


スポンサーリンク