読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あちらさんの嫁を持つとつらいよ

スポンサーリンク 

 

なんというか、思う事がある。

<エピソードその1>

旦那はA会社の正社員であるがA会社は沢山の派遣先を持っており、旦那一人だけがB会社に派遣に行っている。

このB会社、大手企業なのでB会社の正社員であればかなりの給料がもらえる。だがB企業の正社員と同じ仕事をしている旦那であるが所属はA会社なのでA会社の規定に基づく給料をもらっている。

何が言いたいのかというと、どうやら同じ仕事をしているのに2倍近くの給料の差があるのだ。

勤続ン十年であるがこの事実を知らされたのが最近。当然、主婦目線だと

なんで?

と、なるわけです。

旦那は承知の上で働いていたわけですが、私からすると納得いかない社会事情です。

この時代働けているだけでもありがたい話なんですが、欲が出てしまいます。

 

そんな前置きがあって、旦那からこんな話を聞きました。

 

同僚のケンさん(仮名)は奥さんがフィリピンの人だ。

から始まり、まとめると、

◎奥さんはケンさんとの子供の学校行事に絶対出席しないのでケンさんがちょいちょい休む。

◎奥さんはケンさんに生活費が足りない、子供の〇〇費が足りないなどと言いちょいちょいお金をせびる。

◎なんだかんだ奥さんはフィリピンにちょいちょい帰国している。

◎高給取りのケンさんであっても足りない時はキャッシングして手渡している。

 

どうでしょう、欲も消え失せました(笑)

ケンさんに対する感情は同情に変わりました。(会った事ないけど)

我が家は共働きで生活を維持していけるギリギリですが、ケンさんのお宅も結構・・・

 

去年の話しなんですが旦那が子供たちを連れてプールに行った際、皮膚が赤く熱を帯びるほどの日焼けをして帰ってきたことがあります。

当然お風呂に入るのも体を洗うのも苦痛でその日はアイスノンを張り付けて寝たのですが・・・

翌日服も着れないくらいの激痛の中仕事をして、その休憩中ケンさんと日焼けで皮膚が痛いことを話題に挙げたようなんです。

 

しばらくして日焼け騒ぎも落ち着いた頃、ケンさんから贈り物がありました。

日焼け止めパウダーです。ラベンダーの香りの・・・

どうやらケンさんのお宅で旦那が日焼けして痛がっている話題があがり

奥さんが祖国から日焼け止めパウダーを取り寄せてくれたようなのです。

ありがとうケンさんの奥さん、そしてケンさん苦労を増やしてすいません。

 

<エピソードその2>

子供の遠足に集合場所まで送っていったときの話です。

一番乗りとまではいかないけれど早く着いてしまい、集合場所に来ていたバスの前で待っていると、バスの運転手さんに話しかけられました。

今回もまとめると、

◎奥さんがフィリピンの人である

◎その奥さんとの間に子供がおり、子供は2国籍を有している

◎子供が大きくなった時に国を選ばせるつもりだ

◎フィリピンにン百万で家を買った

◎向こうではセキュリティをしっかりしないといけないのでガードマンがその家を守っている

◎だけどトラブルがあって今、裁判中だ

◎定年後はフィリピンに住むつもりだ

結構気さくで、面白い運転手さんだったけど・・・お宅もなんだか大変ですね。

 

このエピソード2つであちらさんの嫁を持つとつらいよとつくづく思ったのであります。

(母がすべてひっくるめて外国の方を“あちらさん”と呼ぶので今回そう呼ばせて頂きました。特に悪い印象を付けたくてそのような言い回しをしているのではないのであしからず)

 

スポンサーリンク