読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子供会で役員になることをお勧めしない理由

その1 押しつけで役員をしているのでやる気がない

仕事や育児・家事に付け加えて子供会の役員なんてしてられません。

子供のためになるならと子供会に入ったはいいがローテーションで回ってくる子供会の役員。

各家庭にもさまざまな事情があるのにそれを知らないふりして、役員に選ぶときは

「〇さんはまだ役員してないからお願いね」

「役員になってくれるだけでいいの、行事にはなるべくでてくれたらいいから」

なんてだいたいこんな殺し文句で押しつけで役員に選ばれます。

考えてみてください、押しつけだからやる気もない・家庭の事情で行事の参加は困難な方が役員になったら。

どうですか?子供会の存続も危うい状況になりかねませんよね?

そんなところへポンと役員に選ばれようものなら他の役員が打ち合わせにすら参加しない状況だってあると思います、行事は自分が計画して実行しなくてはならない・協力してくれる役員が少ないなど困難な状況に陥り、役員になった事を後悔することでしょう。

よって役員になることをお勧めしません。

その2 行事参加の連絡をしない保護者が多い

ある行事を行うにあたりどんなことをしたいか・日にちはいつがいいか・参加人数は各家庭何人かなどを事前にラインや紙でアンケートを配布したとしましょう。

子供会の役員になると情報の伝達を自分の担当の家庭へ伝えなくてはいけません。

(各子供会によって伝達の仕方は違っていると思いますが。)

例えば自分の担当の家庭が10家庭あったとします。

その家庭への伝達方法はなんですか?

もしかして直接、各家庭に回ってアンケート用紙を配布していませんか?ポストインならまだしも作り笑いしてへこへこ頭を下げてアンケートを手渡ししていませんか?

それって仕事や育児やそのほかetcと併用して子供会の役員になっているお母さんにはとっても負担です。

もしそうなら情報伝達を担当家庭内でライン化することをお勧めします。

各家庭に配り歩く時間>ラインでポチっと送信

どちらが確実に情報が伝達できてかつ効率的でしょうか。

そしてここからがもっと役員にならなければこんな苦痛を味わうことはなかったのにと思わせるトラブルが発生します。

それは

期限を決めているにもかかわらず返事をしない家庭があること

どんな苦痛を味わうのかというと

・そもそもアンケートなので協力してくれない家庭かもしれないと疑心暗鬼になる

・再度アンケートに協力するよう呼びかける手間がある

・下手すると自分へのあてつけに期限を無視している可能性もある

・アンケートの回収に時間がかかり、集計が出せない

などなど考えると胃が痛くなります。

そのような家庭は自分の意見を通そうとする傾向が強いのできっちり回収なりすることが望ましいです。

そもそも子供会の存続について考えてみると現代社会は共働きの家庭が多く、帰宅時間も遅ければ土日も休みがない親も多いと思います。

そんな状況の中頑張って役員を引き受けてくれた方に対して無礼を行うなんて非常識であると思います。

だから保護者の方はきちんと期日は守る、期日内に返事ができないのであればその旨をきちんと伝えておくなどの配慮が必要と考えます。

よって役員になることをお勧めしません。

その3 会長には絶対なるな

それは他の役員よりも学校へ赴くことが多かったり、打ち合わせや行事には何を差し置いても参加せよといった色が強かったり、翌年も前会長として学校からの呼び出しがあったりと仕事の予定を調整しなくてはいけないシーンや夜の会議だと子供を家に置いていくか連れて行くか(連れて行くと話が進まないので嫌がられます)などの本来ならなくてもいい悩みができます。

そして大体、総会時には司会進行役です。

会場の準備は役員で協力して行うにしても鍵の管理は会長だったりします。

よって会長になることもおすすめしません。これは絶対です。

でも役員選出の歳、あみだやじゃんけんだとやむを得ず会長になってしまうこともありますよね?

もうその時はあきらめましょう。

 

終わりに

先ほどもちらっと述べましたが昔と今とでは親の状況が違いすぎて、昔と同じ子供会の運営をしている子供会ほど役員は苦痛を味わっています。

缶ひろい・自転車点検・遠足・季節ごとのイベント・運動会での子供会イベントなどなど本当に一年を通して行事が多く、多いほど苦痛も増えるのです。

しかも頑張って練り上げた行事当日、忘れてこなかった子や少年団の行事が重なりそちらを優先されたり意気消沈ですよ。

役員にさえならなければこんな気持ちを味わうこともなかったのにとなりますよね。

また子供の保護者であってもつながりが無い方と役員をやることはとっても大変です。そのような中での子供会の運営は意見のぶつかり合いやトラブルは避けていても何かしら起こるものです。

子供が数人しか居ない地区で子供会を存続させるために毎年役員を仕事もしながらやっているお母さんを知っています。

その方は子供のためだから・・・と言います。

でも私は声を大にして言いたい。

子供会、無くなればいいのに。

そんな子供会なんだからもっと気楽にいくべきとか

なら辞めたらいいだけとか

任期の期間中は感情を表に出すなとか

横のつながりが大事なんだからとか

子供にとっての世界は小学校だけじゃないって教えてあげないととか

そんな正論聞き飽きたわ!

 

そんなに親が我慢して、はたして子供は楽しめるのかな?

なんなら、家族水入らずの時間も取れてない現代社会なんだから家族で出かけたほうがよっぽど有意義だと思われ。