読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マンガボックスで連載中の骨が腐るまで第35夜は遥の入浴シーンが!!!

<スポンサーリンク>

 

あけましておめでとうございまーーーーーーすっ!!!!

 

ことしもこの「気になる物を紹介するブログ」(ほぼ骨が腐るまでネタバレブログと化していますが・・・)

よろしくお願いいたします!!!!!

 

さてさて今回は去年の置き土産・・・

去年更新が滞っていた分・・・

の更新をしていきたいと思います!!!!

年内に更新してしまいたかったーーーーー・・・・

 

今回の表紙は・・・・

f:id:yuirei-1107:20161230021413p:plain

出典:https://www.mangabox.me

 

遥の家ではどんなことがあったんでしょうねー

 

サクッと第35夜をまとめると・・・・

  • 帰宅後、すぐ入浴し泣く遥
  • 食卓ではなぜ遥の姉・緑が警察官になったのかが暴露される
  • そして椿の話につながる

・・・さっくりしすぎてわけわからない感が否めない・・・

 

前回の記事はこちらです

 

yuirei-1107.hateblo.jp

 

では、第35夜のネタバレレビューをしていきたいと思います!

遥「ただいまー」

母「おかえり遥ちゃん」

「あらやだ遥ちゃん汚れてる何して遊んできたの?」

遥「え?」

「内緒 シャワー浴びてくる」

 

 

ここで遥のムフフな入浴シーンが堪能できますよーーーーー!!!!

必見ですからね―――――!!!!あんなところこんなところ・・・

見えちゃいますから―――――!!!!モザイクと共に・・・・

 

入浴にかこつけて泣いている遥。

 

母「ごはんできたわよー」

お風呂からあがると食卓には既に父親が。

遥「あれ?お姉ちゃんは?」

母「今日は仕事でお泊りだって」

父「・・けしからん!嫁入り前の娘が・・・泊まりという事はつまり・・・・

パンツもはきかえんということかーーーー!!!!」

遥「パパきもい」

父「なっ・・」

母「オホホホ」

 

 

・・・・遥の家も両親のキャラが濃いですねぇ。

 

 

遥「ていうか・・・おねえちゃんもよく頑張るよねーーー」

「警察の仕事なんて全然楽しそうじゃないのにーーー」

母「あら遥ちゃんそんなこと言っちゃだめよ。この前事件があったでしょ?だから余計一生懸命なのよ私たちのために」

父「そうだぞ!それに緑が刑事になろうと思ったのは遥のためーーーー」

遥「え?」

f:id:yuirei-1107:20161230023246p:plain

出典:https://www.mangabox.me

母「あらパパそれは内緒だって緑ちゃんに言われたでしょ?」

父「あ・・・」

遥「ねえそれどういうこと?」

 

と、隠し通せず両親の口から緑がなぜ刑事になったのかを聞く遥

要するに、

  • 遥が小さい時変な人に連れて行かれそうになる
  • 一番に見つけたのが緑
  • 怖くてその場から動けなくなる
  • が、パパがたまたま通りかかり事なきを得た
  • 今度遥に何かあった時はちゃんと助けられるように刑事になった

 

 

この話のあと遥はジュース買いに行ってくると家を出ます。

自転車を押しながら考え事をする遥

 

遥  ねぇ・・・お姉ちゃんはなんで警察にはいったの?

緑  アンタには教えないよ

母  警察ってね身内に犯罪者がいるとなれないんだって

 

お姉ちゃん・・・・

ほんとバカ・・・・

 

バカ・・・・!!!

と、道のど真ん中で泣き崩れます。

 

ここで断崖絶壁へシーンが切り替わります。

竜「なんだよお前もないてんじゃん」

遥「ウチはいいの涙は女のアクセサリーだから」

とチャラっと言い放ちます。

遥「椿は・・・・どうだったのよ」

椿「私はーーーー」

と言葉につまったところで

竜「あ・・・そうか」

遥「椿の家は・・・」

椿「・・・うん」

表情は暗い・・・

 

と、ここで第35夜終了!!!

次回予告が・・・・

f:id:yuirei-1107:20161230024541p:plain

出典:https://www.mangabox.me

 

もうこの表情とこの予告ではよからぬ家庭事情があるのは間違いない!!!って思われます。

ではまた次回もよろしくお願いいたします!!!

 

人気の記事はこちら

 

yuirei-1107.hateblo.jp

 

 

<スポンサーリンク>

 

ちょちょちょ!!!!マンガボックスの表紙見た!!??

<スポンサーリンク>

 

えらいことが起こってますね!!!

 

皆さん気が付いてましたか?

 

マンガボックスの表紙に最近「天空侵犯」のイラストが載っていたのはご存知ですよね?

 

これ観たとき

 

『あぁ・・・天空侵犯は人気があるから表紙にイラストがはいったんだなぁ・・・』

 

なんて思ってました。

 

たぶん実際のところ人気があるマンガなのだと思います。

 

この理論で行くとですよ?

 

今回表紙にイラストが載った「骨が腐るまで」も人気漫画っーことでOK?

 

 

ところでどんな表紙なのか気になりません?

 

どんなイ・ラ・ス・トなのか気になりません?

 

因みにマンガボックスを開けばすぐ見れますよーーー

www.mangabox.me

 

 

そしてこれがその表紙ですっ!!!!

f:id:yuirei-1107:20161230015929p:plain

出典:マンガボックス

 

椿と遥ーーーーーー!!!

なぜ裸足か!?

っーかちょいちょいちらリズムすぎやしません!?

 

っーか、っーか本気でうれしいです!!!

これからも「骨が腐るまで」ガンガン応援していきたいとおもいます!!!

 

<スポンサーリンク>

 

マンガボックスで連載中の骨が腐るまで第34夜で語られる竜の後悔と葛藤

<スポンサーリンク>

 

お久しぶりの更新です、いかがお過ごしでしょうか?

 

私は年末年始とフルに稼働している渦中でございます。忘れそうなんで先にご挨拶を済ませておきます!

 

今年から開始したこのブログですが、うれし恥ずかしながら閲覧数が20万を超えましたーーーー!!!!わーーーーー!!!!

来年度も、ゆっくりまったり更新で頑張っていきたいと思っておりますのでどうぞよろしくお願いいたします。

今年度も残りわずかとなりました、よい年越しをお迎えくださいませ。

 

ってなわけで今回は第34夜のネタバレレビューをしたいと思います!!!

 

表紙見出しは・・・・

明の死をきっかけに、

日常を捨て、断崖絶壁へと至った4人。

決断を前に、竜が抱えた後悔と葛藤、

むきだしの思いが語られる。

という、今回は竜の回なんだなーとわかる見出しでした。

 

そんな第34夜をさっくりまとめてみると・・・

  • 洞窟から自宅に戻る竜を待っていたのは酒屋を営む母であった
  • お風呂に入り昔を思い出す竜
  • 父親とのけんかで自分の人生どうでもいいと発言した瞬間、母親からの平手打ちにあう
  • 底抜けに明るい母親のなく姿を二度と見たくないと思う竜
  • 今夜家を出たらまた・・・と思う竜
  • お風呂から出ると竜の好きなメニューが食卓に並ぶ
  • 好きなもん食えば元気になると母が気を使ってくれたメニューだった
  • おかわりした後、ありがとなと伝え家を出る竜

とまぁ、ずいぶん母親の愛情が伝わる夜を見せつけられたなと。

結局は、親友>母親となり崖に向かうわけですが・・・

でも竜が家を出たのは夕食後

信太郎たちが集まったのは日中

このタイムラグになにか事が起きていた可能性もありますね!

 

では、第34夜の詳細をネタバレしていきます!

二枚堂酒店でビールケースを持った竜の母

「あーおかえり竜」

竜「おふくろ無理すんなってまた腰痛めんぞ」

とビールケースを持つ

母「アッハッハッ!まだまだ母ちゃんは若いんだから!」

「それに最近はあんたが手伝ってくれるからだいぶ楽だよ」

「こうやって・・・少しづつ大人になっていくんだねぇ」

としんみり。

 

・・・竜の家は酒屋なんですね、しかも母親を気遣えるなんて優しい息子です。

母親も大人になっていく息子の成長が嬉しそうなそんな表情でした!

 

シーンは変わり入浴タイム

うちのおふくろは昔から底抜けに明るかった

けどあの日は・・・・

と、回想シーンへと切り替わります。

酒屋店内にて

父親「おい竜!てめぇまた人を殴ったのか!?」

と、竜の胸ぐらをつかむ。

 

竜の父親登場です!でもなんで竜が帰宅した時には不在だったのでしょう?

ギャンブルとかかな・・・失笑・・・

 

母「ちょっ・・・お父さん落ち着いて」

竜「うっせぇな・・・・だからなんだよ」

父親「このバカ息子が!!今までなんて教えてきたか忘れたのか!?」

「頭は悪くてかまわねぇ・・・けどー人の道から外れるようなことだけは絶対すんじゃねぇって!!

 

頭は悪くてかまわねぇ・・・ってでもこのご時世頭の出来より社会性・・モラルがモノを言う時代ですもんね、竜の父親も厳しいながらしっかりしていますね。

 

 

竜「・・・ッ」

「うるせえ!!!」

酒ビンにこぶしをぶつける竜

竜「うるせぇよ・・・俺の人生なんて・・・もうどうでもいいんだよ・・・!!」

「どうせ俺は・・・俺は・・・・!!」

 

 

いやいや、なにそれ人殺しなんだからってことですか?竜が非行に走った原因がそこに結びつきそうな予感です・・・

 

パン

 

ここで母親の平手打ちが炸裂します。

母「なんで・・そんなこと言うの・・・どうでもいいなんてお前・・・っ」

「ぅぅっ・・・」

と泣き崩れる母親・・・を見下ろす竜。

 

ここで回想シーンが終わります。

おふくろのあんな姿二度と見たくねェ

けど今夜俺が家を出たらまた・・・

 

入浴後

母「ごはんできてるよ」

竜「おう」

「ん?」

冷やし中華にみそ汁・・・?」

「なんだよこのメニュー」

母「え?アンタお麩のみそ汁好きでしょ?」

竜「だからって冷やし中華にみそ汁って・・・」

母「好きなもん食えば少しは元気になるだろうと思って急きょメニューを足したんだよ・・・」

竜「は?」

母「なんかあったの?」

「まぁ若いと・・・色々あるだろうけどさ・・・」

「元気でさえいてくれればそれで十分だから」

竜「ったく・・・食い物で元気にって・・・俺はガキかよ・・・」

「・・・・なぁ」

母「ん?」

「おかわりあるか?」

 

 

結局母の思いに乗っかっておかわりまでしたんじゃないか、もうこの味噌汁は食べれないからおかわりしたんじゃないか、いろいろと解釈ができそうな行動です。

 

 

「ごちそーさん」

母「どこ行くの竜」

「・・・ちょっと涼みに」

「・・・おふくろ」

 

「ありがとな」

 

ごめんごめんおふくろ・・・俺どうしても仲間を裏切れない!!

と泣きながらバイクのエンジンをかける竜

 

 

さながらありがとなと家を出る竜の後姿はなにかの映画のワンシーンのようでした!

 

 

「そんなことが・・・」

と、シーンは断崖絶壁の4人に切り替わります。

遥「やだー竜泣いたの?」

竜「うっうるせーお前はどうだったんだよ!」

遥「え?うちは・・・」

と、言いか顔を赤くする遥。

 

とここで第34夜終了です!

次回予告は

遥にも決断までに何かあった。

次号赤面の理由が明らかに。

 

次回は遥の回ですね!でもなんで赤面?きになりますね!!

 

<スポンサーリンク>

 

 

マンガボックスで連載中の骨が腐るまで第33夜が悲しみの前兆な件

スポンサーリンク

 

今週も日曜日が過ぎてしまいました・・・

 

更新されたらすぐ、このブログも更新したいのですが・・・

 

ほんとーーーーーに申し訳ありません。不定期更新となっております。

 

前回の記事はこちらです。

 

yuirei-1107.hateblo.jp

 

 

 

さて今回の第33夜の見出しは・・・

「絶壁で覚悟を決める少年たち

バラバラ死体の真相に近づく警察

それぞれの物語が激走していく」

 

って、覚悟を決めた!!?

バラバラ死体の真相!!!?

それぞれの物語????

はてながいっぱいの見出しでした。

今回もサクッと33夜をまとめちゃうと・・・

  • 警察署にて遥の姉・緑と藤井がケンカし別々に捜査する
  • 崖の上の4人はなにやら一つの決断をしてこの場所に来たような会話をする

かなり、抽象的ですが今回のお話には確信をつかむ表現が一つもなかった・・・

 

そんなわけでようやく33夜のネタバレレビュー行ってみよー!!!

 

緑「どういう意味ですか藤井さん!?」

藤井「・・・何が?」

超いやらしさ満開の目線で聞いている。

遥が事件にかかわっているような言い方と緑は怒鳴りますが、藤井は

「・・・別にそうとは言ってないけど・・・でもさ

 

 

そうじゃないってはっきり言える?」

この言葉に息を飲む緑。

捜査に行く藤井に同行しようとすると

「鼻の効かない犬はいらない。少しは頭冷やしなよ」

と、おいていかれます。

 

・・・あのー藤井さんって・・・この事件に何らかの関係ありますよね~気味の悪い笑い方といい・・・絶対1人で動きたいから緑を置いて行ったんじゃないかなと思うんですよ。

 

 

シーンは変わり崖の上で4人が話します。

信太郎「・・・・なぁお前ら本当ににいいのか?」

とみんなに最終確認をしています。

椿はもうみんなで誓ったでしょ、もうこの道しかなって・・・

遥もこうしてみんな来たことが覚悟の証

竜は俺たちが悪党だってわかった・・・と。

それぞれが崖の上から海中を見下ろしています。

 

・・・とここで第33夜終了!!!!

ねぇねぇどうなっちゃうの!!!

みんな飛び込んじゃうの!!!!?

これから何が起こるのよ!!!!

という不安な疑問ばかりが残るのです。

・・・もし飛び降りるとしたら、遥は間違いなく助からないよね?

だって以前そんな伏線を張っていましたよね?

この記事にもほんのちょこっと触れています。

yuirei-1107.hateblo.jp

最近めっきり寒くなってきましたが、、、、元気にまた来週にお会いしましょうね!!

 

スポンサーリンク

 

 

 

マンガボックスで連載中の骨が腐るまで第32夜は死体の身元が判明します

スポンサーリンク

 

 

「骨が腐るまで」ネタバレレビューをご覧いただきありがとうございます。

 

毎週日曜日になると、マンガボックスを開き骨が腐るまでの更新された話を読むのが日課になりつつあります。

 

もし、お手すきの時間などございましたらなにかコメントを頂けるとうれしい限りでございます。

 

・・・っーわけで第32夜のネタバレレビュー始めます!

 

今回の見出しは、

明の本心を知り動き始める少年たち。

彼らの決断が、再び警察を巻き込み新たな事件となる・・・。

 

とのことです。

サクッと第32夜をまとめると・・・

警察署ではバラバラ死体の身元が判明する

しかし3年前に亡くなっていた人物である

死体の身元が判明したころ4人はとある場所に向かっていた

4人がとある場所に向かっている時警察署では藤井が絶妙な推理を繰り広げる。

 

ではではネタバレレビュー開始します!

その前に、今回はお久しぶりな人物も登場するのでこちらでおさらいを・・・

 

yuirei-1107.hateblo.jp

 

 

8月11日 警察署にて

「・・・あ・・・おはようございます・・・」

「永瀬・・・お前また泊まりか!?一応嫁入り前の娘なんだし・・・」

永瀬「それよりもついに分かりましたよ!」

 

八ツ森村で見つかったバラバラ死体の身元が」

 

佐藤茂

昭和48年

生まれの48歳

県内の出身です」

 

おおおおおーーーー第二の死体の身元が判明した―ーー!!!というか信太郎たちには全く関係のない人物なのではないでしょうか!?

誰かのお父さん?親戚?

誰だろ・・・・

 

同僚「そうか・・・遺体は数か所に埋められてたんだよな?」

永瀬「はい①頭部・内臓②胸・右腕③腰・左腕④右脚という内訳で計4か所から見つかりました。残るは左脚だけ」

「家族はいるのか?」

「はい・・・ですがこの人・・・・」

 

「3年前に既に亡くなっていました」

キタよ――――!!!よくあるすでに死んでいた人物っー流れーーーー!!!

どうやら

10年前に失踪し、3年前に死亡届けが出されたかららしく・・・

ホームレスの可能性あり、戸籍がないから情報が少ないであろう

ホームレスの多い県の市街地中心に聞き込みしていく方針となる

・・・が、藤井さん嫌がるだろうなーと、永瀬が思っていると同僚たちにあいつのお守りはお前に任せると言われてしまうのだった。

そこに永瀬に一本の電話が入る。

 

 

その頃信太郎たちは自転車でどこかに向かっていた。

休憩中

信太郎「・・・・で本当にこの場所でいいんだよな?」

遥「お姉ちゃんに聞いたんだあそこは流れが速くて深いからなかなか上がってこないって・・・」

「そうか好都合だ」

と、4人は空を見上げます。

 

シーンは警察署へ戻り、

?「どうしたの浮かない顔して?」

永瀬「うわっ藤井さん!!」

藤井「もしかして生理中?」

永瀬「なっ・・・ち 違います!!」

藤井「だって緑ちゃん毎月11日くらいに来るんじゃ・・・」

永瀬「なんで知ってんの!!!」

「妹が昨日の夜出かけたまま連絡が取れないって・・・」

「いくつ?妹」

「高2です」

「どっかで遊んでるんじゃない?年頃だし」

「ええまあ」

「いつも遊んでる友達がいるんですけどその5人全員がどうやらかえってないらしいのでたぶん・・・」

「一人なら心配だけどみんな一緒なら・・・」

藤井「ねぇ」

八ツ森町のバラバラ死体みつかってないの左脚だけだよね?」

永瀬「はい?そうですけど?」

「じゃぁきっと左脚はあと一か所に埋められているんだね」

「なんですか急に」

「とある町から5か所に分かれてバラバラ死体が見つかった・・・」

「?」

「その町で5人の少年少女が行方不明か・・・」

・・・・

・・・・・藤井さんなんで5人ってわかったんだろう?どうして少年少女ってわかったんだろう・・・・

絶対この人なんかある!!!

 

藤井の勘がさえわたっていたころ、4人は断崖絶壁にたどり着く。

 

ここで第32夜終了!!予告は

旅の終わりは断崖絶壁!少年たちの訣別が始まる。

 

訣別という事は・・・そろって死ぬ気なの?

それとも断崖絶壁に明の頭部を投げ捨てるつもり?

それとも第二の死体の脚?

 

次回は物語の終盤に入ってきそうな予感がしますね!

ではまた来週!

 

スポンサーリンク

 

 

マンガボックスで連載中の骨が腐るまで第31夜は明と椿の秘密が明らかになる

スポンサーリンク

 

お久しぶりの更新となります。

 

お待たせしてしまい申し訳ありませんでした!!!

(え、待ってない?)

 

早速第31夜のネタバレレビューをしていきたいと思います!!!

 

第30夜では椿の口から自殺しようとしていたから明と付き合ったと告げられます。

今回の第31夜ではすべてが暴かれていく・・・との見出しから開始となっております。

 

で、サクッとまとめると・・・

  • 信太郎の父を殺した罪を一人でかぶるつもりだった明
  • その後は明の懺悔

 

シーンはみんなで旅行に行った日の夜、海岸で。

どうやら以前みんなでいった海岸での明と椿のその後の展開のようです。

椿「明くん・・・泣いてるの?」

 

「明が自分を犠牲にしようとしてた?」

ここで現在の洞窟のシーンに戻ります。

遥「ウチラを守ろうとしてたってこと?!でも・・・自首したら全員つかまるのに・・・」

椿「ううん違うの・・・」

 

「シンちゃんのお父さんを殺した罪を1人で背負うつもりだったのよ」

 

三人は驚きの表情を見せる。

信太郎「・・・・な・・・んで・・・」

「明の責任じゃない!!あいつを殺したのは俺のせいで・・・・!!」

と、信太郎は取り乱します。

それを冷静な視線で椿は受け取ります。そして、

「・・・明くんもシンちゃんと一緒なのよきっと」

信太郎「!」

椿「だって最初に殺そうって言ったのは明くんだったから」

「明くんは・・・強そうに見えるけど本当は優しくて脆かった・・・」

「だから・・・責任を感じて罪の意識に耐えられなくなって・・・っ」

 

「どんどん・・・壊れて・・・・!」

 

話すうちに次第に泣き出す椿

皆、神妙な面持ちで椿の告白を聞いています。それぞれに思うところがあるのでしょうね。

 

信太郎「話してくれ明とどんな会話をしたのか」

 

ここでまた海岸のシーンに戻ります。

椿に乱暴をするのかと思いきや、倒れた椿にしがみつき胸中を吐き出す明。

「椿・・・怖い・・・」

「俺のせいで!!みんなの人生がめちゃくちゃになった・・・!!」

怒鳴ります。

「やっぱり俺一人で罪を背負うしか・・・」

屍のような表情です。

「ああっでも怖い・・・!怖い怖い!!」

取り乱す明。

椿「大丈夫よ明くんそばにいてあげるいくらでも慰めてあげるだからーーー」

明「ごめん椿・・・信太郎への気持ち知っててこんなこと・・・」

正気に戻る明。

明「俺だけ罪をかぶって捕まれば今度はみんなが苦しむんだよな・・・」

「俺ももっと強くならなきゃ」

 

「信太郎みたいな強い・・・ヒーローになりたい」

泣きながら明はそう言うのです。

 

信太郎「何度もいったじゃねーか・・・ヒーローはお前だって・・・明・・・!」

とボロボロ涙を流し泣き伏せます。

 

ここで第31夜終了!!

 

予告は

親友の犠牲で4人が動く。事態は再び警察沙汰へ!

 

との事。何か4人で解決策が見つかったのでしょうかね?

というかあの日海岸で椿をぶったり、服を破いたり、押し倒したり、相当明の精神状態はヤバかったとしか思えませんね。

あの日の続きがこのような展開になっていたなんてびっくりです!若干この骨が腐るまで史上初の〇〇シーンが見れるの!?なんて期待してましたから!!

 

という事で、次回またお会いしましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

マンガボックスで連載中の骨が腐るまで第30夜は信太郎の名推理が光ってた

スポンサーリンク

 

 

もう、このブログを読んでくれている方ならご存知

マンガボックスで連載中のマンガ

 

「骨が腐るまで」

 

いつ更新の日か覚えましたか?

 

更新は日曜日ですよーーー!!!!

 

もうね、マンガボックスさんとっても律儀。

 

日曜日0時に更新されている状況ですから!更新が楽しみな私は日曜日仕事でも、0時まで起きていて読んでから寝る。

 

依存症で・す・よ(笑)

 

前回は仲間4人の中で誰がうそつきなのかだけが発覚しました。

 

yuirei-1107.hateblo.jp

 そしてその流れのまま、今回の見出しはというと・・・

 

f:id:yuirei-1107:20161120011220p:plain

問い質されるって・・・・

 

・・・・

 

 

なんて読むの?

 

「といただされる」って漢字で書くと「問い質される」って書くらしいです!作者の内海八重さんは難しい言葉を知っていますね~。

 

今回椿はどんな秘密を打ち明けてくれるのでしょうか!?

 

サクッとまとめると・・・

  • アルバムに落書きしたのは椿
  • 自首しようとしていた明
  • 明が自首しない代わりに明と付き合っていた
  • 犠牲になろうとしていた明

 

早速、第30夜のネタバレレビューしていきたいと思います。

 

「もう一つの・・・嘘・・・?」

洞窟内では4人が椿を囲むように座っています。

信太郎「祭りの夜・・・家に帰ってから見つけたんだ」

 

「中学の卒業アルバムに『神崎明に気をつけろ』って書いてあるのを」

 

竜と遥がこの発言に驚き、

竜「そんな重要なこと・・・なんですぐ言わなかったんだよ!」

信太郎「悪い・・・みんなが混乱すると思って・・・」

「初めは誰の仕業かわからなかった。でもすぐに気付いた」

 

f:id:yuirei-1107:20161120012327p:plain

信太郎の名推理シーンですよ!

 

因みにここは洞窟内ですよ!

名推理はまだまだ続きます。

  • アルバムは外に持ち出したことがない事
  • 信太郎の家に来るのは明・竜・椿・遥だけ
  • 信太郎がいない時に部屋に入った人はいない
  • 椿は毎朝おこしに来ていたから、信太郎が寝ている間に書き込むことが可能

 

えーーーーー!第1夜で椿が信太郎を起こすあのシーンにはこんな隠された伏線があったのですかーーーーー!!!!さすがです!!!!

 

この発言に椿はいつから気付いてたの?

・・・と、自供し始めます。

信太郎の表情は変わらず重いですが、竜と遥の表情は「え?」とでも言いたげです。

みんなで海に行ったときから気が付いていたそうです。

 

遥「明のことをみんなに内緒にしたり変な落書きしたり・・・なんでそんなこと・・・」

椿「ごめんみんな・・・最初っからちゃんと言えてればよかった・・・」

 

 

f:id:yuirei-1107:20161120013713p:plain

明と椿の交際には契約があったーーー!

でもさ、自首しようとしてたから椿と付き合うって・・・設定に無理があるよね!?だって海に行った日明に強姦まがいのことされてなかった?

明にビンタされてなかった?

明は椿と付き合う事で何を望んでいたのでしょうね・・・本気で椿が好きだったとは行動からどうしても思えなくて・・・

 

椿によると・・・

  • 明に自首したいって相談される
  • 椿は引き留める
  • 自首しない代わりに俺と付き合ってくれと言われたと
  • 付き合って自首しないならそれでよかったという椿
  • 不安だったから信太郎に明が危ないって知らせたくてアルバムの落書きをした

 

でもさ、あの落書きはいくらなんでも・・・悪意を感じてたけど。

別に誰が書いたか隠す必要ないんだから・・・

 

信太郎「明は・・・お前の弱みを利用してお前を手に入れたのか!?」

「俺らのために・・・自分を犠牲にして・・・!?」

椿「違うのシンちゃん!犠牲になろうとしたのは・・・

 

「明くんの方なんだよ」

暗い夜空に椿の声が浮かびます。

(洞窟の中にいるの?外にいるの?入口近くにいるから夜空が見えるの!?ちょっと気になっちゃいました)

 

3人が「え?」となり第30夜終了です。

そして予告は、

f:id:yuirei-1107:20161120015033p:plain

 

とのことですので、まだまだ4人の話し合いは続きそうですね。

今回は椿と明のだまして付き合っていた理由が明らかになりました。これを受けて今後どうするのか4人はどんな決断をするのでしょうね!?

次回も楽しみです!!!

スポンサーリンク